コスナビ.jp
cosnavi.jp
第1章 総説

1 改訂の経緯及び基本方針

(1) 改訂の経緯

--------------

(2) 改訂の基本方針

@ 今回の改訂の基本的な考え方

A 育成を目指す資質・能力の明確化

B 「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善の推進

C 各学校におけるカリキュラム・マネジメントの推進

D 教育内容の主な改善事項

2 国語科の改訂の趣旨及び要点

(1) 目標及び内容の構成

(2) 学習内容の改善・充実

(3) 学習の系統性の重視

(4) 授業改善のための言語活動の創意工夫

(5) 読書指導の改善・充実

第2章 国語科の目標及び内容
第1節 国語科の目標

1 教科の目標

(1) 知識及び技能

(2) 思考力,判断力,表現力等

(3) 学びに向かう力,人間性等

2 学年の目標

第2節 国語科の内容
1 内容の構成

2 〔知識及び技能〕の内容

(1) 言葉の特徴や使い方に関する事項

〇言葉の働き

〇話し言葉と書き言葉

〇漢字

〇語彙

〇文や文章

〇言葉遣い

〇表現の技法

〇音読、朗読

----------------------

(2) 情報の扱い方に関する事項

〇情報と情報との関係

〇情報の整理

----------------------

(3) 我が国の言語文化に関する事項

〇伝統的な言語文化

〇言葉の由来や変化

〇書写

〇読書

3 〔思考力,判断力,表現力等〕の内容

A 話すこと・聞くこと

○話題の設定,情報の収集,内容の検討

〇構成の検討,考えの形成(話すこと)

〇表現,共有(話すこと)

〇構造と内容の把握,精査・解釈,考えの形成,共有(聞くこと)

〇話合いの進め方の検討,考えの形成,共有(話し合うこと)

〇「話すこと・聞くこと」の言語活動例

--------------------- B 書くこと

〇題材の設定,情報の収集,内容の検討

〇構成の検討

〇考えの形成,記述

〇推敲

〇共有

〇「書くこと」の言語活動例

---------------------

C 読むこと

〇構造と内容の把握

〇精査・解釈

〇考えの形成

〇共有

〇「読むこと」の言語活動例

第3章 各学年の内容
第1節 第1学年及び第2学年の内容
第2節 第3学年及び第4学年の内容
第3節 第5学年及び第6学年の内容
第4章 指導計画の作成と内容の取扱い

1 指導計画作成上の配慮事項

〇主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善に関する配慮事項

〇弾力的な指導に関する配慮事項

〇〔知識及び技能〕に関する配慮事項

〇「A 話すこと・聞くこと」に関する配慮事項

〇「B 書くこと」に関する配慮事項

〇「読書」及び「C 読むこと」に関する配慮事項

〇低学年における他教科等や幼児教育との関連についての配慮事項

〇他教科等との関連についての配慮事項

〇障害のある児童への配慮についての事項

〇道徳科などとの関連についての配慮事項

2 内容の取扱いについての配慮事項

〇〔知識及び技能〕に示す事項の取扱い

〇情報機器の活用に関する事項

〇学校図書館などの活用に関する事項

3 教材についての配慮事項

付録1:
学校教育法施行規則(抄)

----------------------

付録2:
小学校学習指導要領
第 1 章 総則

----------------------

付録3:
小学校学習指導要領
第2章 第1節 国語

----------------------

付録4:
教科の目標,各学年の目標及び内容の系統表
(小・中学校国語科)

----------------------

付録5:
中学校学習指導要領
第2章 第1節 国語

----------------------

付録6:
小学校学習指導要領
第2章 第10節 外国語

----------------------

付録7:
小学校学習指導要領
第4章 外国語活動

----------------------

付録8:
小学校学習指導要領
第3章 特別の教科 道徳

----------------------

付録9:
「道徳の内容」の学年段階・学校段階の一覧表

----------------------

付録10:
幼稚園教育要領

 
 
→ 中学校国語編 目次
→ 小学校学習指導要領(2017)目次
→ 学習指導要領ナビ
トップページ