コスナビ.jp
cosnavi.jp
第1章 総説

1 改訂の経緯及び基本方針

(1) 改訂の経緯

--------------

(2) 改訂の基本方針

@ 今回の改訂の基本的な考え方

A 育成を目指す資質・能力の明確化

B 「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善の推進

C 各学校におけるカリキュラム・マネジメントの推進

D 教育内容の主な改善事項

2 改訂の要点

(1) 学校教育法施行規則について

(2) 前文の趣旨及び要点

(3) 総則改正の要点

3 道徳の特別の教科化に係る一部改正

(1) 一部改正の経緯

(2) 一部改正の基本方針

(3) 一部改正の要点

第2章 教育課程の基準
第1節 教育課程の意義
第2節 教育課程に関する法制

1 教育課程とその基準

-----------------------

2 教育課程に関する法令

(1) 教育基本法

(2) 学校教育法,学校教育法施行規則

(3) 学習指導要領

(4) 地方教育行政の組織及び運営に関する法律

第3章 教育課程の編成及び実施

第1節 中学校教育の基本と教育課程の役割

1 教育課程編成の原則

(1) 教育課程の編成の主体

(2) 教育課程の編成の原則

2 生きる力を育む各学校の特色ある教育活動の展開

(1) 確かな学力

(2) 豊かな心

(3) 健やかな体

3 育成を目指す資質・能力

@ 知識及び技能が習得されるようにすること

A 思考力,判断力,表現力等を育成すること

B 学びに向かう力,人間性等を涵(かん)養すること

4 カリキュラム・マネジメントの充実
第2節 教育課程の編成
1 各学校の教育目標と教育課程の編成

2 教科等横断的な視点に立った資質・能力

(1) 学習の基盤となる資質・能力

(2) 現代的な諸課題に対応して求められる資質・能力

3 教育課程の編成における共通的事項

(1) 内容等の取扱い

-----------------------

(2) 授業時数等の取扱い

@ 各教科等の年間授業時数

A 年間の授業週数

B 特別活動の授業時数

C 授業の1単位時間

D 短い時間を活用して行う指導

E 給食,休憩などの時間

F 時間割の弾力的な編成

G 年間授業日数

H 総合的な学習の時間の実施による特別活動の代替

-----------------------

(3) 指導計画の作成等に当たっての配慮事項

@ 資質・能力を育む効果的な指導

A 各教科等及び各学年相互間の関連

4 学校段階間の接続

(1) 小学校教育との接続及び義務教育学校等の教育課程

(2) 高等学校教育及びその後の教育との接続,中等教育学校等の教育課程

第3節 教育課程の実施と学習評価

1 主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善

(1) 主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善

(2) 言語環境の整備と言語活動の充実

(3) コンピュータ等や教材・教具の活用

(4) 見通しを立てたり,振り返ったりする学習活動

(5) 体験活動

(6) 課題選択及び自主的,自発的な学習の促進

(7) 学校図書館,地域の公共施設の利活用

2 学習評価の充実

(1) 指導の評価と改善

(2) 学習評価に関する工夫

第4節 生徒の発達の支援

1 生徒の発達を支える指導の充実

(1) 学級経営,生徒の発達の支援

(2) 生徒指導の充実

(3) キャリア教育の充実

(4) 指導方法や指導体制の工夫改善など個に応じた指導の充実

2 特別な配慮を必要とする生徒への指導

(1) 障害のある生徒などへの指導

(2) 海外から帰国した生徒や外国人の生徒の指導

(3) 不登校生徒への配慮

(4) 学齢を経過した者への配慮

第5節 学校運営上の留意事項

1 教育課程の改善と学校評価,教育課程外の活動との連携等

@ カリキュラム・マネジメントの実施と学校評価との関連付け

A 各分野における学校の全体計画等との関連付け

B 教育課程外の学校教育活動と教育課程との関連

※告示pdfファイルではAとなっている

2 家庭や地域社会との連携及び協働と学校間の連携

@ 家庭や地域社会との連携及び協働と世代を越えた交流の機会

A 学校相互間の連携や交流

第6節 道徳教育推進上の配慮事項

1 道徳教育の指導体制と全体計画

(1) 道徳教育の指導体制

(2) 道徳教育の全体計画

(3) 各教科等における指導の基本方針

(4) 各教科等における道徳教育

2 指導内容の重点化

-----------------------

(1) 自立心や自律性を高め,規律ある生活をすること

-----------------------

(2) 生命を尊重する心や自分の弱さを克服して気高く生きようとする心を育てること

-----------------------

(3) 法やきまりの意義に関する理解を深めること

-----------------------

(4) 自らの将来の生き方を考え主体的に社会の形成に参画する意欲と態度を養うこと

-----------------------

(5) 伝統と文化を尊重し,それらを育んできた我が国と郷土を愛するとともに,他国を尊重すること,国際社会に生きる日本人としての自覚を身に付けること

3 豊かな体験活動の充実といじめの防止

(1) 学校や学級内の人間関係や環境を整えること

(2) 豊かな体験の充実

(3) 道徳教育の指導内容と生徒の日常生活

4 家庭や地域社会との連携

(1) 道徳教育に関わる情報発信

(2) 家庭や地域社会との相互連携

(資料)
学習指導要領等の改訂の経過

付録1:

 参考法令

 教育基本法

 学校教育法(抄)

 学校教育法施行令(抄)

 学校教育法施行規則(抄)

 地方教育行政の組織及び運営に関する法律(抄)

-----------------------

付録2:

 中学校学習指導要領

   第1章

   総則

-----------------------

付録3:

 小学校学習指導要領

  第1章

  総則

-----------------------

付録4:

 中学校学習指導要領 
  第3章 特別の教科 道徳

-----------------------

付録5:

 「道徳の内容」の学年段階・学校段階の一覧表

-----------------------

付録6:

 現代的な諸課題に関する教科等横断的な教育内容についての参考資料

 
 
→ 小学校総則編 目次
→ 中学校学習指導要領(2017)目次
→ 学習指導要領ナビ
トップページ