コスナビ.jp
cosnavi.jp
第1章 総説
1 改訂の経緯及び基本方針

(1) 改訂の経緯

--------------

(2) 改訂の基本方針

@ 今回の改訂の基本的な考え方

A 育成を目指す資質・能力の明確化

B 「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善の推進

C 各学校におけるカリキュラム・マネジメントの推進

D 教育内容の主な改善事項

2 算数科改訂の趣旨及び要点

(1) 現行学習指導要領の成果と課題

----------------------

(2) 算数科の目標の改善

@ 目標の示し方

A 算数科の学習における「数学的な見方・考え方」

B 算数科の学びの過程としての数学的活動の充実

----------------------

(3) 算数科の内容構成の改善

@ 改善の方向性

A 指導内容の充実

B 具体的な内容の移行について

(図1)小学校算数科の内容の構成

(図2)中学校数学科の内容の構成

(図3)資質・能力(「思考力,判断力,表現力等」「学びに向かう力,人間性等」)

----------------------

(4) 数学的活動の取組における配慮事項

第2章 算数科の目標及び内容
第1節 算数科の目標
1 教科の目標

(1) 目標の設定についての考え方

----------------------

(2) 目標について

@ 「数学的な見方・考え方を働かせ」について

A 「数学的活動を通して」について

B 「数学的に考える資質・能力を育成すること」について

C 「数量や図形などについての基礎的・基本的な概念や性質などを理解するとともに,日常の事象を数理的に処理する技能を身に付ける」について

D 「日常の事象を数理的に捉え見通しをもち筋道を立てて考察する力,基礎的・基本的な数量や図形の性質などを見いだし統合的・発展的に考察する力,数学的な表現を用いて事象を簡潔・明瞭・的確に表したり目的に応じて柔軟に表したりする力」について

E 「数学的活動の楽しさや数学のよさに気付き,学習を振り返ってよりよく問題解決しようとする態度,算数で学んだことを生活や学習に活用しようとする態度」について

2 学年の目標

(1) 学年の目標の設定についての考え方

(2) 学年の目標の一覧表

第2節 算数科の内容
1 内容構成の考え方

(1) 算数科の内容について

・ 数学的活動と算数科の学習の意義

* * * * * *

・ 小学校算数科の内容の骨子

@ 数概念の形成とその表現の理解,計算の構成と習得

A 図形概念の形成と基本的な図形の性質の理解

B 量の把握とその測定の方法の理解

C 事象の変化と数量の関係の把握

D 不確定な事象の考察

E 筋道を立てて考えること

F 数学的に表現すること

G 数学的に伝え合うこと

----------------------

(2) 内容領域の構成〜五つの領域について〜

小学校算数科における領域構成の見直し(図表)

@ 「A数と計算」の充実:「式の表現や読み」のA領域への位置付け

A 量を測定するプロセスの充実(下学年)と図形の計量的考察の充実(上学年)

B 変化や関係を把握する力の育成の重点化と統計教育の充実:数量関係領域の充実

----------------------

(3) 数学的活動について

2 各領域の内容の概観
A 数と計算

(1) 「A 数と計算」の領域のねらい

----------------------

(2) 「A 数と計算」の内容の概観

----------------------

(3) 「A 数と計算」の領域で育成を目指す資質・能力

@ 数の概念について理解し,その表し方や数の性質について考察すること

A 計算の意味と方法について考察すること

B 式に表したり式に表されている関係を考察したりすること

C 数とその計算を日常生活に生かすこと

B 図形

(1) 「B 図形」の領域のねらい

----------------------

(2) 「B 図形」の内容の概観

----------------------

(3) 「B 図形」で育成を目指す資質・能力

@ 図形の概念について理解し,その性質について考察すること

A 図形の構成の仕方について考察すること

B 図形の計量の仕方について考察すること

C 図形の性質を日常生活に生かすこと

C 測定

(1) 「C 測定」の領域のねらい

----------------------

(2) 「C 測定」の内容の概観

----------------------

(3) 「C 測定」の領域で育成を目指す資質・能力

@ 量の概念を理解し,その大きさの比べ方を見いだすこと

A 目的に応じた単位で量の大きさを的確に表現したり比べたりすること

B 単位の関係を統合的に考察すること

C 量とその測定の方法を日常生活に生かすこと

C 変化と関係

(1) 「C 変化と関係」の領域のねらい

----------------------

(2) 「C 変化と関係」の内容の概観

----------------------

(3) 「C 変化と関係」の領域で育成を目指す資質・能力

@ 伴って変わる二つの数量の変化や対応の特徴を考察すること

A ある二つの数量の関係と別の二つの数量の関係を比べること

B 二つの数量の関係の考察を日常生活に生かすこと

D データの活用

(1) 「D データの活用」領域のねらい

----------------------

(2) 「D データの活用」の内容の概観

----------------------

(3) 「D データの活用」の領域で育成を目指す資質・能力

@ 目的に応じてデータを収集,分類整理し,結果を適切に表現すること

A 統計データの特徴を読み取り判断すること

〔数学的活動〕

(1) 数学的活動の指導の意義

(2) 数学的活動の類型と各学年への位置付け

数学的活動一覧

第3章 各学年の内容
第1節 第1学年の目標及び内容
第2節 第2学年の目標及び内容
第3節 第3学年の目標及び内容
第4節 第4学年の目標及び内容
第5節 第5学年の目標及び内容
第6節 第6学年の目標及び内容
第4章 指導計画の作成と内容の取扱い
1 指導計画作成上の配慮事項

(1) 主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善

(2) 継続的な指導や学年間の円滑な接続

(3) 領域間の指導の関連

(4) 低学年における他教科等や幼児教育との関連

(5) 障害のある児童への指導

(6) 道徳科などとの関連

2 内容の取扱いについての配慮事項

(1) 考えを表現し伝え合うなどの学習活動

(2) コンピュータなどの活用

(3) 具体的な体験を伴う学習

(4) 用語・記号の指導

(5) およその大きさや形を捉え,適切に判断すること

(6) 筆算による計算の技能や計算の結果の見積り

3 数学的活動の取組における配慮事項

(1) 数学的活動を通しての指導

(2) 数学的活動を楽しむこと

(3) 見通しをもって数学的活動に取り組み,振り返ること

(4) 数学的な表現の相互の関連を図ること

(5) 考えを学び合うことやよりよく問題解決できたことを実感すること

付録1:
学校教育法施行規則(抄)

----------------------

付録2:
小学校学習指導要領
第1章 総則

----------------------

付録3:
小学校学習指導要領
第2章 第3節 算数

----------------------

付録4:
中学校学習指導要領
第2章 第3節  数学

----------------------

付録5:
小学校学習指導要領
第3章 特別の教科 道徳

----------------------

付録6:
「道徳の内容」の学年段階・学校段階の一覧表

----------------------

付録7:
幼稚園教育要領

 
 
→ 中学校数学編 目次
→ 小学校学習指導要領(2017)目次
→ 学習指導要領ナビ
トップページ